良寛百人一首 限定版 全1巻

加藤僖一 監修 

良寛筆「百人一首」は、日本の秀歌に着眼した良寛の、40代後半から50代前半ころの作と推定される。多様な変化を見せる筆遣いは、日本美の極限とされる良寛芸術の出発点を示すものといえよう。数奇な運命をたどった同書の全容を、貴重な写真データにより再現し初公開する。


※ 良寛と交流があった、日本石油創始者の内藤久寛家(新潟県旧石地町)蔵とされる良寛筆「百人一首」は、後に北方文化博物館(同旧横越村)へ移譲されました。しかし、同墨跡は昭和25(1950)年に同館で開催された「良寛和尚百廿年記念展覧会」では展示されないまま、良寛鑑定家の故森哲四郎氏(同旧与板町)の所蔵となります。平成24(2012)年に同家で火災が発生、こんにちでは原本が行方不明となっています。当社では唯一残された同墨跡の写真資料を入手し、その全容を初公開するものです。

 
全国送料無料でお届けします
定価(本体15,000円+税) 2016年6月29日発売 好評書籍
価格 : 16,200円(税込)
B4判/上製カバー装/120ページ/保護ケース入り
数量