トップ > 文芸・自伝・エッセー・評論 > 新潟日報140年 川を上れ 海を渡れ 

新潟日報140年 川を上れ 海を渡れ 

2017年11月1日初版第1刷発行
脈々と発行し続けた新聞の歴史は県民の汗と涙、勇気と笑顔に彩られている。本書は日報記者100人の証言を基に戦後を中心とした新潟県の歩みを、政治、対岸へし、原発、拉致、災害、環境、農業、女性、スポーツ、文化の10分野にわたりまとめたドキュメントである。県民が直面した重大局面に記者たちはどう立ち向かい、何を伝えたいのか。新潟日報創刊140年記念出版。

▼amazon

▼NIC無料配達

 
目次
第1章 政治―田中角栄の光と影
・首相辞任
・ロッキード事件
・新幹線と越山会
・驚異の9万761票
・首領(ドン)倒れる
・父と娘
・出世階段とカネ
・県人初の宰相
コラム
・田中の功罪、マスコミの功罪
・田中番記者の哀歌
・真紀子さんの声、角さんの声 


第2章 対岸へ―波立つ日本海
・1945年8月5日 空白の街 
・新潟日報、戦時下の誕生
・捕虜となった記者たち 引
・イカダ日本海号、漂流す
・「地上の楽園」北朝鮮 
・「裏日本」ひっくり返す
・三江平原に結んだ夢
・冷戦終結と北東アジア
コラム 
・「あすの日本海」菊池寛賞に
・環日本海運動と佐野藤三郎 
・北朝鮮「黄金の三角地帯」をゆく

第3章 原発―神話との闘い
・揺らぐ安全神話
・二つの計画で
・地盤論争
・無視された警告
・世界一の集積地
・原発を拒んだ町
・背信の連鎖
・原発マネー
コラム
・忘れられない言葉
・重大事故 拭えぬ懸念
・巻原発 対立と混乱
・変わらぬ体質

第4章 拉致―めぐみを返して
・衝撃の9.17
・拉致の原点・めぐみさん
・暗転の5.22
・世代交代の家族会
・帰国者の活動と葛藤
・協会賞と県民集会
・変わらぬ決意
コラム
・涙が出るほどありがたい
・社の強い決意感じた
・高齢化「厳しい現実」

第5章 災害―復興へ 不屈の魂

第6章 環境―豊かさの代償

第7章 農業―岐路に立つコメ王国

第8章 女性―道を拓く

第9章 スポーツ―熱き思いを

第10章 文化―地域に灯す光


 

 
価格 : 1,650円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ