トップ > 歴史・伝記 > 河井継之助のことば 【4刷】稲川明雄

河井継之助のことば 【4刷】稲川明雄

眼を開け、耳を開かなければ、何事も行はれぬ。   
欲の一字より、迷のさまざま、心をくらます種となり。

                         
幕末、彗星のごとく現れた風雲児・河井継之助に運命を委ねた長岡藩は、継之助とともに風塵の霧と消え果てた。しかし、継之助の箴言(しんげん)を心の糧に志を立てた多くの若者が排出し、荒廃した長岡はよみがえるのである。激動の時代を制した継之助の精神性を象徴する多くのことばは、現代の私たちの胸にも迫ってくるのである。


稲川明雄著
A5判・130ページ・ISBN978-4-86132-426-0 

▼アマゾン


▼楽天ブックス

価格 : 1,100円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ